06_左利きの真実の最近のブログ記事

婚姻・家族における両性平等の規定(現憲法24条)は、家族や共同体の価値を重視する観点から見直すべきである。

期間前投票

| コメント(0)

今回の選挙から不在者投票に変わって「期間前投票」というものが導入された。不在者投票と比べて手続きが簡略化されていて、ずっと投票しやすくなっているらしい。こういうことはもっと大々的に取り上げてもいいはずなのに、そのような報道が流れたとかいうのは今まで寡聞にして知らない。

考えてみれば、政治家が暗躍しているのは「国民の目」という監視が外れているからとも思える。ココロが決まってる。だから、早めに投票しに行こうかと思う今日この頃。

派兵

| コメント(0)
閣議の決定もなく、国会の議論も経ずに、首相が表明するだけで、多国籍軍参加が決定される。また、間違った道に入り始めたのではないだろうか。

どちら?

| コメント(0)
イラクで武装勢力に拉致された非政府組織(NGO)メンバー渡辺修孝さん(36)が25日、東京都内で開かれた市民団体の会合で「ようやくパスポートが再発行された。イラクに行き支援活動を続けたい」と活動を再開する考えを明らかにした。
 会合で渡辺さんは「(イラクの人々は)自分たちの生きる権利を守るために闘っている」「現地からの情報では、ファルージャは落ち着いてきたが、医療物資が足りない」と状況を報告した。
拉致被害者家族会の支援団体「救う会」事務局(東京)に「5人の子供を連れ帰った小泉純一郎首相へのねぎらいの言葉がない」「首相への暴言があった」などと家族会メンバーに対する批判メールが殺到している。

同じ日本人。片や、体を張って支援活動。片や、偏った見解からの批判メール。

background music
What a wonderful world / Sarah Brightman

イラク日本人人質事件きっかけに、政治や法律に関するトピックを元に自分なりに考えるようになった。折しも明日は憲法記念日、こんなトピックを見つけた。

憲法改正の動きがあることは知っていて、第9条にも「改悪」が加えられるらしいというところまでは分かっていたけれど、自民党憲法調査会が昨年7月に出していた憲法改正要綱案を見て愕然とする。「軍」の保持が明記されていて、さらに、首相が「緊急事態」を宣言した場合、国民と地方自治体は政府に協力する"義務"が発生するという。- 参考 -

つまり、こういうことではないだろうか。日本が現在の米国追従の政策を取った結果、日本が「敵」と見做され、攻撃を受けたとする。この「非常事態」で政府が米国と連携して応戦する態勢を取った場合、"戦争反対"と声を挙げることすら違法行為として取り締まられる可能性があるのではないか。これではまるで戦時中だ。

最後に興味を引いた記事をひとつ。

最近の世論調査は、改憲を求める国民が、護憲を訴える国民より多い。だが、ここで認識しておかなければならないのは、改正を求める対象は、かつてのように「九条」ではなく、それよりはるかに多くが「首相公選制」や「重要政策の国民投票」などを求めているということだ。

裏を返せば、国会が国民の声を反映してないことを示している。

国民の声を反映させるための手段、身近なところでは7月の参院選だろうか。傍観のツケは間違いなく自分達に降りかかる。何らかの形で意思表示をしなければ、このまま坂道を転げ落ちそうな気がしてしょうがない。


background music
深呼吸の必要 / My Little Lover

自民党の柏村武昭参院議員(60)が26日の参院決算委員会で、イラクで人質にされた日本人について「自衛隊のイラク派遣に公然と反対していた人もいるらしい。もし仮にそうだとしたら、同じ日本国民であってもそんな反政府、反日的分子のために数十億円もの血税を用いることは強烈な違和感、不快感を持たざるを得ない」と述べた。  また中国人による犯罪の対策や刑務所の処遇をめぐり「中国なんかはろくな裁判もないし、刑務所の中にも外にも、人権なんてものは恐らくないんでしょ」と語った。  柏村議員は質問後、「日本のやり方に反しているのだから反日的分子。(不適切だと)思う人はいるかもしれない。ぼくの考えだから」と議員会館の事務所で報道陣に説明し、発言を撤回する考えのないことを示した。(共同通信)

左利きの真実

| コメント(0)

タイトルは英慣用句"Lefty in the Right"(左利きの真実 = 少数の意見にも耳を傾けよ)から。

政治やら世界の流れやらにさして敏感な訳ではないけれども、
それでも感じる「コレはちょっとオカシイぞ?」的なものを掲載。

2010年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち06_左利きの真実カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは05-Engineer is philosopherです。

次のカテゴリは07_旅日記です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。